どうしても主食を食べたい時は、玄米や全粒粉を食べること。

糖質を摂り過ぎると、太りやすい体質になりやすいのです。長年、糖質を取りすぎてしまうと、生活習慣病である糖尿病なってしまい、死ぬまで糖尿病とつきあわないといけない生活になってしまいます。人間が生きていく上で必要な炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素のなかの炭水化物のなかの糖質は、食後の血糖値を上昇させてしまいます。日本人は甘党の傾向があり、美味しいと感じるものは、糖質が多く含まれています。甘いものだけではなく、主食のご飯、パン類、麺類、芋類に多く含まれています。主食を食事で抜くことで、血糖値の上昇は緩やかになりますが、お腹が満たされるかは個々で感じ方に違いがあるかと思います。おかずは、好きなだけ食べても良いと言われていますが、毎日毎食おかずだけお腹いっぱい食べることに気になります。日本人は、昔から主食中心の生活でしたので、急に主食ないとストレスがたまる恐れがあるので、どうしても主食が食べたい時は、未精製の穀物(玄米や全粒粉)など腹八部程度に食べるようにお勧めしたいです。その時は、飲料水は糖分の入らない水やお茶を飲むようにしたほうがよいです。おすすめサイト>>>>>糖質制限サプリ

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク